翔のMagic Onlineでプロツアーを目指すブログ

中学高校時代にMTGにドハマリしていたデュエリストが、10年の時を経て復帰。頂点を目指す道のりやMTG関係の事柄を綴っていきます。主なフォーマットはヴィンテージ

次に使用するデッキを検討する [MUD vs Terra Nova]

次のヴィンテージリーグ参加に向け、どんなデッキで参加するべきかを検討しております。

現在、ヴィンテージリーグのメタを考えると、通常の「MUD」よりも「Terra Nova」タイプのデッキの方がメタ的に合っているのではと考えております。

 

 

 Terra Novaについてはこちらの記事で軽く説明をしております。

mtg-for-protour.hatenablog.com

 

通常のMUDとの大きな違いはアーティファクトの起動型能力を無効にする《無のロッド》を搭載し、こちらのデッキ内によく使用されている《歩行バリスタ》《電結の荒廃者》を抜いて、常在型能力のアーティファクトをメインに使用するデッキになります。

 

ヴィンテージ環境では、強力な起動型能力を持つアーティファクトが数多く存在していることから、最初からそれらを狙うデッキを使うことで有利に立ち回ることが出来るのではと考えられます。

 

しかし、本当に「Terra Nova」タイプのデッキは現在の環境に有利なのでしょうか?

今回は私がよくリーグで戦うデッキとの相性を検討してみます。

 

 

 

Card IN :《無のロッド》 、Card OUT  :起動型能力持ちクリーチャー(《歩行バリスタ《電結の荒廃者》《鋼の監視者》等)

 

f:id:mtgprotour0805:20180904224038p:plain

MUD

1ターン目に《無のロッド》を設置出来れば、相手の持つ起動型能力を持つクリーチャーを全て弱体化出来る。

ただし、初手に無いのであればあっと言う間に強化され、こちらの持つクリーチャーでの対応が難しくなるので注意も必要。

ドレッジ ×

対応力大幅低下。《無のロッド》は完全な無駄カードであり、《歩行バリスタ》《電結の荒廃者》は自身を墓地に送ることで《黄泉からの橋》の除去に役立っていたが、それも出来なくなる。

メイン戦は運が相当良くないと勝利は難しくなり、サイドボード後からの手札に賭けることになる。

ストーム 相手の肝のマナアーティファクト無効化出来るので、《逆説的な結果》からのコンボの防止に繋がる。

 

 

空いたカードスロットに何を入れていくべきか?

 

Terra Novaタイプのデッキとすることで、起動型クリーチャーが抜けることになります。

よく使用されるカードとしては以下のものがあるでしょう。

 

4 x《歩行バリスタ
3 x《搭載歩行機械》
4 x《電結の荒廃者》
4 x《鋼の監視者》

合計15枚と想定。

 

では、これらの抜けた後、3枚~4枚は《無のロッド》が入るとして、残りには何を入れるべきか検討してみました。

 

 

対クリーチャー戦への対策を導入

 

MUDは元々パンプアップが得意なクリーチャーが多数いたため、対クリーチャーに対してはとても強いデッキだったと思います。

しかし、核となるクリーチャーを抜いてしまったため、強みである対クリーチャー力が低下してしまっています。

ヴィンテージにもクリーチャーを主体としたデッキは多くあり、リーグ内でも1回は当たると考えられます。また、MUDにも、《無のロッド》で能力は封じたとしても各種攻撃用クリーチャーが入っているので、それらに負けないようなカードを入れたいと思います。

 

 

Card IN 1 : 《先駆のゴーレム》 ... 3枚~4枚

1枚で3体並べることが出来るので、こちらの攻撃力も増やすことができ、また相手のクリーチャーデッキへの対策として役に立ちます。

3/3という数値はヴィンテージの中では非常に優秀な数値なので(60%以上のクリーチャーを倒すことが出来る数値)、ぜひ投入したいと思います。

 

f:id:mtgprotour0805:20180912230444p:plain

 

 

Card IN 2 : 《クルーグの災い魔、トラクソス》 ... 2枚

7/7 トランプル持ちの巨大クリーチャー

相手のフィニッシャーや、強化してしまったカードに対しての対抗策として。

巨力ですが、伝説クリーチャーなので、枚数は抑え目にしようと思います。

 

f:id:mtgprotour0805:20180912230354p:plain

 

Card IN 3 : 《鋳造所の隊長》 ... 1枚~2枚

 

同形相手の対策、こちらの攻撃力強化として。

 

df:id:mtgprotour0805:20180912230145p:plain

 

 

弱点への対策を導入

 

上で記載したように対「ドレッジ」への対応力が大幅に低下してしまっているため、メインから対策出来るようなカードを入れたいと思います。

 

Card IN 1 : 《魔術遠眼鏡》 ... 1枚~2枚

 

《Bazzar of Baghdad》対策として、また他のデッキに対してもフェッチランドを封じてマナスクリューにしたり、プレインズウォーカーの対策となったりと、あまり腐ることの無いカードです。

 

《からみつく鉄線》も候補としていたのですが、使用して見た感じですとあまり強さを感じませんでした。

特にすでに《無のロッド》が設置されていると、どうせ使えないのだし、とそれらをタップしてしまい、あまり設置した効果を感じる場面が少なかったです。

※対ドレッジ、ストーム、MUD等の場合

 

f:id:mtgprotour0805:20180912230842p:plain

 

 

 

導入を見送ったカード

 

1. 《ウルザの後継、カーン》

 

ããããã®ãããããã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

サンプルデッキに入っていたので使ってみたのですが、

無色ではあるのですが、《Mishra's Workshop》で出すことが出来ないので、どうも手札に溜まりやすかったです。

確かに能力は非常に強力なのですが、今回は投入は見送ることにしました。

 

 

とりあえず、ヴィンテージリーグで勝利する為のデッキについて検討してみました。

このデッキで練習をしてみて、感じが良さそうでしたら、次回のヴィンテージリーグは、このデッキを使って参加をしてみようと思います。

 

それでは皆さんもよいMTGライフを。

 

アルゴ

アルゴ

 
ラブレター (Love Letter) カードゲーム

ラブレター (Love Letter) カードゲーム

 
MONSTER MAKER モンスターメーカー

MONSTER MAKER モンスターメーカー