翔のMagic Onlineでプロツアーを目指すブログ

中学高校時代にMTGにドハマリしていたデュエリストが、10年の時を経て復帰。頂点を目指す道のりやMTG関係の事柄を綴っていきます。主なフォーマットはヴィンテージ

マジック:ザ・ギャザリング 25th Anniversary Chronicle 購入しました。

 ふと、本屋を覗いていたところ、「マジック 25周年を記念する本」があり、表紙と帯に惹かれて購入いたしました。

 

 
マジック:ザ・ギャザリング』25周年記念!メモリアルブックが発売!!

マジック:ザ・ギャザリング』の25周年を記念したメモリアルブックが9月11日(火)に発売されます。
 本書では過去に発売された全エキスパンションのストーリーと主要な登場人物を紹介、さらに同時期の環境で活躍したカードもあわせて掲載。
さらに『マジック』の世界を構成する多元宇宙の歴史やプレインズウォーカーの生い立ちから現在の姿までを詳細に解説。
 また殿堂顕彰者をはじめとする著名プレイヤー、ショップ関係者、ジャッジ、ユースアンバサダー、ウィザーズスタッフなど『マジック』にかかわる
さまざまな人へのインタビューや『マジック』翻訳に携わった朱鷺田祐介氏の手記なども掲載します。
 90年代、2000年代、2010年代、あらゆる時代を網羅した、すべての『マジック』プレイヤーに贈る記念碑的な1冊です!

 

 

 

こういう設定資料集的な本ってワクワクいたしませんか?

私は女の癖にゲームの背景世界や、キャラクター紹介に力を入れている攻略本が大好きで、昔はよくプレイしたゲームの攻略本を集めることが好きでした。

 

マジックも、背景世界のストーリーがあるのですが、なかなかストーリーがどうなっているのかってよくわかっていないので、この本でしっかり勉強したいと思います。

 

 

気になる中身について

 

まずは、表紙です。

お洒落な黒表紙です。

 

f:id:mtgprotour0805:20181115220547p:plain

 

 

1993年の発売開始から、2018年までの歴史のまとめです。

f:id:mtgprotour0805:20181115220758p:plain

 

 

基本セット2019までの各エキスパンションの代表カードと、

エキスパンションのストーリーのまとめ。

 

こういう、舞台ストーリーって面白いですよね。

f:id:mtgprotour0805:20181115220700p:plain

 

 

私が全く知らないような大昔のカード達です。

ああ、この頃にもう大人でアメリカに住んでいたらなぁって思います。

f:id:mtgprotour0805:20181115220727p:plain

 

 

と、簡単な紹介ですが、

私のように長い間ゲームから離れていて、これまでの全貌を簡単に知りたい!という方にはかなりマッチしたムックなのではと思いました。

 

あまり、マジックの世界観や、各ブロックのストーリーがキチンとまとまっているサイトって、特に昔のエキスパンションの内容は全然見つからないので (私の見つけ方が悪いだけかもしれませんが)、このようにまとめてくれているのは助かります。

 

今週末は、この本を読みながらMOで楽しもうと思います。

それでは、よきマジックライフを!

 

 

パワー9シリーズの急激な値上がり

 

私がお世話になっている、「Goatbot」でカードの値上がりと値下がりを見るのが日課なのですが、本日ヴィンテージ環境のカードが謎の値上がりをしておりました。

www.goatbots.com

 

 

f:id:mtgprotour0805:20181113212841p:plain

 

前日からの変動状況 (2018/11/13 21:00時点)

 

1.《 Black Lotus33.74 tix  [16.00 up]

2.《 Mox Jet8.94 tix [6.00 up]

3.《 Mox Pearl9.88 tix [6.00 up]

4.《 Ancestral Recall7.34 tix [4.50 up]

5.《 Time Walk4.19 tix [2.50 up]

6.《 Mox Ruby8.91 tix [5.00 up]

7.《 Mox Emerald8.92 tix [4.50 up]

8.《 Mox Sapphire12.28 tix [5.00 up]

 

 

なんでしょうか、この異常な値上がり状況は....

物によっては2倍以上に跳ね上がっているものもあります。

はっきり言ってこの値動きは異常です。

 

Magic Onlineを開始して半年ちょっとですが、ここまでたくさんのカードが一気に変動するのは初めて経験します。

 

たったの1日で一体何があったのでしょうか?

 

私としては自分のヴィンテージ資産の最近の価値低下に嘆いてはいたので、値上がりはどちらかというと歓迎なのですが、「今日ヴィンテージを始めるぞ」という方がいらっしゃいましたら、その方は非常についていないですね。

 

 

さて、この値上がりの原因の調査をしていますが、今のところ特に有力な情報は掴めていません。

もしわかれば、ブログでまとめていきたいと思います。

 

マジック:ザ・ギャザリング プレイヤーズカードスリーブ 《天使の運命》 (MTGS-036)

マジック:ザ・ギャザリング プレイヤーズカードスリーブ 《天使の運命》 (MTGS-036)

 

 

マジック:ザ・ギャザリング プレイヤーズカードスリーブ 『基本セット2019』 《全知》 (MTGS-046)

マジック:ザ・ギャザリング プレイヤーズカードスリーブ 『基本セット2019』 《全知》 (MTGS-046)

 

 

 

MTG マナ第5弾 マナシンボル デッキプロテクター

MTG マナ第5弾 マナシンボル デッキプロテクター

 
マジック:ザ・ギャザリング プレイヤーズカードスリーブ 《精神を刻む者、ジェイス》 (MTGS-037)
 

 

 

 

ヴィンテージリーグに参加 14

ヴィンテージリーグに参加し、5戦程いたしました。

 

 

1戦目 : サバイバル

  結果 1-2で敗北 

 

2戦目 : 青赤デルバー

  結果 2-0で勝利

 

3戦目 : ??

  結果 2-0で勝利

 

4戦目 : 逆説ストーム

  結果 1-2で敗北

 

5戦目 : オース

  結果 0-2で敗北

 

 

ヴィンテージリーグ、第14回の結果は2勝3敗という結果になりました。

3戦目で2勝したので、最低でも3勝はイケるか!?と思ったのですが、その後で2連敗という結果になってしまいました。

 

今回ですが、正統派の「Revenger Shop」で参加いたしました。

 

 

 

mtg-for-protour.hatenablog.com

 

 

反省

 

どうしても読み切れない、これはもう運だ!という段階ではなく、ここをちゃんとしていれば勝っていたのかも... というシーンがいくつかありました。

 

① 相手の土地の枚数から、次のターンに打たれたらまずいカードを予測して、それを防ぐための行動をする。

 

→ 当たり前のことですが、意外と難しい。。。

経験が重要ですね。

 

 

② 1ターンでも早く相手を倒す行動をする。

 

f:id:mtgprotour0805:20181111220656p:plain

 

今回のパターンでは、、、、、

 

相手のデッキは「オース」。これは相手のターンのアップキープですが、

私はこの前のターンに、《ファイレクシアの変形者》を出さずにターンエンドいたしました。

 

理由? 正直いうと「何となく」でした。何となく、相手がとんでもないのを出してきても対応できるようにしておこう、くらいの感覚で手札に残していました。

 

でも、この状況の場合、《ファイレクシアの変形者》を出して、《鋳造所の検査官》にしておけば、相手がオースを出してきたとしても次のターンにフルアタックが入れば勝利です。

逆に出さないと、普通に考えれば後2ターンが必要になります。

 

結果は、その最悪のパターンでした。相手がドルイドの誓い》を出してきて、逆転負けいたしました。。。。

 

1ターンの重みというものを強く感じました。

 

そう、ヴィンテージはともかく常に!1ターンでも早く倒せるためのプレイングをするべきです。

今回のように特に根拠も明確な理由もなく、躊躇してはいけません。

そして、その1ターンの差で相手に逆転の芽があるようなデッキであればなおさらその事をよく考えておくべきでした。

 

こういうのをやってしまうと、やはりまだまだ自分の未熟さを思い知らされます。。。

今度はこんなことないように気を付けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

トレジャーチェストを開封した結果 3

前回、運良くヴィンテージリーグで4-1の結果を出すことが出来たので、トレジャーチェストを8個も入手することが出来ました。

 

今回ですが、トレジャーチェストを売れば欲しいカードが買える範囲に届くので、1パックは売却し、残りを開封することにいたしました。

 

つまり、合計7パック開封いたしました。

 

はたして、開封は吉と出るか、凶と出るか…

 

 

開封結果

 

f:id:mtgprotour0805:20181109220739p:plain

 

 

f:id:mtgprotour0805:20181109220820p:plain

 

 

f:id:mtgprotour0805:20181109220825p:plain

 

 

f:id:mtgprotour0805:20181109220834p:plain

 

 

f:id:mtgprotour0805:20181109220842p:plain

 

 

f:id:mtgprotour0805:20181109220847p:plain

 

 

f:id:mtgprotour0805:20181109220803p:plain

 

 

 

 

プレイポイント以外のカードですが、見たことのないカードが多いです。高いのか安いのかさっぱり分かりません。

 

最終的に、今回の開封は得だったのかを確認する為に、ゲットしたカードをbotにトレードに出してみました。

 

 

いつもお世話になっている、「Goatbot」にトレードに出してみました。

www.goatbots.com

 

 

手に入れたカードの値段 (2018/11/9日 22:00時点)

 

 

  1. 1x Land Grant(0.17)
  2. 1x Mirran Crusader(0.07)
  3. 1x Imperial Mask(0.003)
  4. 1x Disrupting Scepter(0.002)
  5. 1x Together Forever(0.001)
  6. 1x Wurmcalling(0.001) 0.247 

※その他のアンコモンとコモンは値段が付かず。

 

合計  0.247 tix

 

また、"PLAY POINT"は10ポイントで1 tixとして計算すると、

合計 65ポイント = 6.5 tix

 

トータル 6.747 tix

 

 

 

 

ち~~ん.... 

 

 

 

 

現在、Goat Botsのトレジャーチェストの期待値は1.98 tixでしたので、全てトレジャーチェストのまま売った場合は 13.86 tixでした。

よって、今回の開封は大失敗でした。

 

前回の開封が結構上手くいったからといって調子に乗りすぎました。

やはり、こういうのはだんだんと期待値通りの結果になっていくものですね。

 

くそぅ!

 

 

 

 

 

 

MTG アルティメットマスターズ 発売決定 MOへの影響は?

11月5日に、新しいマスターズシリーズが発表されました。

 

 

発売日:2018年12月7日

カード種類数:254
1ボックスにつき24パック入り
1パックにつきカード15枚入り(1枚はフォイル仕様)
言語:英語、日本語(発売は全世界)
1ボックスにつき1個、「アルティメットボックストッパー」を同梱
メーカー希望小売価格:1ボックス31,200円、1パック1,300円
限定生産につき数量には限りがあります

 

『アルティメットマスターズ』はMagic Onlineでも発売されます。発売日は12月7日です。交換はできない仕様になる予定です。

 

mtg-jp.com

 

発表から、発売が早いです。

そして、1パックの値段高いっ!

 

さらに、Magic Onlineでも発売するそうです。

しかし、交換ができない仕様とは...??? このマスターズのカードを手に入れるにはパックを買うしかないということでしょうか?

 

こちらについては続報を待ちます。

 

 

アルティメットマスターズの特徴

 

ボックストッパー・カードというものが1BOXに1つ入っているそうです。

Magic Onlineでも「トレジャーチェスト」から入手が出来るとのことです。

 

ボックストッパー・カードは、どれもマジックで特に人気を集めるカードの拡張アート版です。

 

こんな感じでとても格好いいデザインとなっております。

これはぜひとも自分の使っているカードをこちらに取り換えたくなります。

 

f:id:mtgprotour0805:20181107224636p:plain

 

 

安くなったら入手したいカード

 

さて、新しいマスターズが出る、ということは「カードの流通量が増える」ということです。

つまり、このマスターズに再録されているカードは安くなると思われます。

 

私の方で、安くなってきたらぜひとも入手したいと考えているカードは以下の物です。

狙いとしては今から20%くらい安くなれば購入をしたいと思います!

 

以下に2018/11/7 時点での値段と入手したい目標tixの額を載せます。

 

/

 

現在 = 11.99 tix

目標入手 tix = 10.0 tix以下

 

 

/

 

現在 = 7.63 tix

目標入手 tix = 6.8 tix以下

 

/

 

現在 = 11.87 tix

目標入手 tix = 10.0 tix以下

 

 

/

 

現在 = 2.19 tix

目標入手 tix = 1.8 tix以下

 

 

高くなりそうなカード

 

ãã¢ãã¯ã¹ãªãã¼ã«ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ ãç¥ãã¸ã§ã¤ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

逆にMox Opal《 精神を刻む者、ジェイス

のようなモダンで大人気のカードが再録されていないようです。

 

これらのカードは流通量が増えないので、値段は逆に上がっていくのではないでしょうか?

 

さて、とりあえずマスターズ発表は私のようなMTGをずっと続けていなかったようなプレイヤーにとっては、人気のある強いカードが入手出来るのでとても助かります。

 

流通量も増えるのでそれらのカードが安くなることも期待できます。

 

この安く入手できるかもしれないチャンスに備えて、これからも各カードの値段のチェックをしていきたいと思います。

 

それでは皆様も新しいマスターズの発売を楽しんでいきましょう。

 

 

 

 

 

Amazonギフト券(封筒タイプ) - 20,000円(ミニサイズ - ネイビー)

Amazonギフト券(封筒タイプ) - 20,000円(ミニサイズ - ネイビー)

 

 

 

 

 

 

ヴィンテージリーグに参加 13

ヴィンテージリーグに参加し、5戦程いたしました。

 

 

1戦目 : 逆説ストーム

  結果 2-0で勝利 

 

2戦目 : 青緑黒コントロール

  結果 2-0で勝利

 

3戦目 : 青緑黒コントロール

  結果 2-0で勝利

 

4戦目 : ジェイスカイコントロール

  結果 2-1で勝利

 

5戦目 : 逆説ストーム

  結果 0-2で敗北

 

 

ヴィンテージリーグ、第13回の結果は4勝1敗という結果になりました。

4勝出来るとやっぱり賞品が豪華ですね!ここ1,2回の敗北もチャラになるくらいの賞品を得ることが出来ました!

 

 f:id:mtgprotour0805:20181106215622p:plain

 

今回ですが、正統派の「Revenger Shop」で参加いたしました。

 

 

 

mtg-for-protour.hatenablog.com

 

 

反省

ヴィンテージリーグの宿命なのでしょうが、当たる人がほとんどの場合、過去に戦ったことのある人になってきました。

 

その為か、きっとこの人のデッキはあれかな~?と思うと大体当たります。

今まで先手1ターン目の場合、選択肢がたくさんあるとどう動くべきか迷っていたのですが、相手のデッキに合わせて最適な行動をしたためか、今回は全体的に有利に戦えたかなという感想です。

 

さて、トレジャーチェストが8個もいただけました!

これを売るべきか、開封するべきか非常に悩むところです。

 

ブログ的には、開封結果を載せた方が1つネタが出来ていいのですが、チケットも欲しいですし、、、、毎回悩んでいます。

 

 

 

ヴィンテージリーグに参加 12

ヴィンテージリーグに参加し、5戦程いたしました。

 

 

1戦目 : 青赤デルバー

  結果 2-0で勝利 

 

2戦目 : 青緑黒コントロール

  結果 2-0で勝利

 

3戦目 : オース

  結果 0-2で敗北

 

4戦目 : 青赤デルバー

  結果 1-2で敗北

 

5戦目 : 青緑黒コントロール

  結果 1-2で敗北

 

 

ヴィンテージリーグ、第12回の結果は2勝3敗という結果になりました。

残念ながら、賞品を得ることはできませんでした。

 

しかし、2戦目まで連続勝利からの3連敗はキツイです。さすがにここまで来れば、3勝はイケると思いましたが、その後が続きませんでした。

 

 

今回ですが、正統派の「Revenger Shop」で参加いたしました。

 

mtg-for-protour.hatenablog.com

 

 

反省

ミスというような内容はなかったのですが、やはりヴィンテージ環境は、ブン回るとどうにも出来ずに敗北となってしまうこともあります。

 

2戦目のサイドボードインした後、

相手の引きが強いのか、1ターン目に「魔力流出」をセットされる事が3回程発生しました。

 

こういう自分のデッキにとってのキラーカードがあり、出されるとほぼ敗北のカードがあるというのは、ちょっと嫌になりますね。

 

 

ãé­åæµåºãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

「Ravager Shop」はどうしても、2戦目以降は対策をたくさん入れられてしまうデッキなので、今回言えることとしては1戦目を何としても勝とう!ということです。

(それが出来れば苦労しませんが)

 

1戦目に勝利さえすれば、2戦目に相手先手でとんでもない引きをされたとしても、次の第3戦目にこちら先手で鬼引きで勝利を掴めるかもしれません。

 

まぁ、今回言いたかったこととしては、1戦目はとても重要!集中して取り組んでいこうということです。

 

さて、次のリーグでは勝てる事を祈ります。